季節の味・木子里、〜囲炉裏で味わう炭火焼と信州そば〜

素材を味わう

地の物、旬の物
当店には飲み物以外のメニュー表がございません。完全予約制となっておりますので、事前にご予約いただいたお客様のご予算と人数やご希望に応じて献立を作成します。店主が集めた「地の物、旬の物」を中心に、趣向を凝らしたお料理をお客様にお召し上がり頂きます


(素材の一例)
春・・・・筍、せり、たらの芽、コシアブラ
夏・・・・夏野菜各種、鮎、岩魚
秋・・・・新蕎麦、松茸、シメジ、アケビ
冬・・・・かじか、寒酒



焼き物

焼き物の極意は「遠火の強火」にあります。
強い火力を維持する木炭と、食材と炎の距離を保つことができる囲炉裏であればこそ可能な、「理想の火力調理法」。また、炎の上部に魚を置いて焼く手法は、流れ落ちる肉汁の燃焼により燻煙を発生し、素材に燻香を付着させますが、囲炉裏での焼き物にはそれがなく、繊細な素材の味を純粋に味わって頂けます。
写真は若鮎の塩焼きです。毎年夏場の鮎解禁時期よりご提供します。天然鮎の香ばしい香り、苦味、頭からかぶりついてお召し上がり下さい。






もっとも親しみのある串焼き料理「焼き鳥」。真に美味しい焼き鳥とは、どのようなものでしょうか。信州産の極上の鶏と葱を炭火で焼く、味付けは主に塩です。スーパーのお持ち帰りとは一線を画する贅沢な焼き鳥をお楽しみください。




食事の締めには信州そばをお召し上がり頂きます。
店主の10数年にわたるそば打ち研究の結果、現在は口当たりの良い「二八そば」をご提供しておりますが、ご希望により10割そばもご提供します。そば粉は100%信州青木村産そば粉を使用しています。
現在、当店にはそば打ちの技術を有する者が3名おります。
毎年10月後半頃に開催される新そば会にて、その年の新そばを味わってみて下さい。

おしらせ

2013/8/5(月)
イラストギャラリーを追加しました。 ⇒コチラから
2012/8/4(土) 
青木村花火大会に合わせたイベントを企画しています。 詳しくはブログ記事をご覧下さい ⇒こちらより
2010/07/01
当店店主のブログを開設しました。⇒こちらより
2011/07/01
当店の紹介記事が信濃毎日新聞(東信版)に掲載されました。































































Copyright(C) 2010 kikori All Rights Reserved.